" /> 品質管理ってとっても大事、安心安全は当たり前です。 | レオブログ生活日記

最後の砦の部署

Uncategorized

新部署 品質管理って何やるところかと始めは思いました。
前の部署では関わることがないため素通りしてしまう部署でした。
正直、雰囲気も暗く、人も少なく、何をやっているかは未知でした。
もちろん知り合いも居ず、挨拶すらした記憶がありません。

社会人15年やっていてこんなことあるー⁉とツッコミたくなる感じでした。

こんなことやっています

少し説明しますと、私の会社は商社で自社企画した商品を海外の工場に発注し、輸入し、日本の小売店に卸している会社になります。品質管理の仕事は商品を海外に発注する前の企画の段階がメインになります。消費者が使ったときにどのような事態が起こるか想定し、危険が及ぶリスクを出来る限り減らすことで、世間に売り出した時に安心安全に使用してもらうことがミッションになります。

そうすることで安心して、当たり前に使用することが出来るようになります。

尚且つ、テレフォンセンターへの問い合わせも減らすことができ、それが出来れば文句なしの商品と言えます。しかし、中々大手メーカーも簡単にそのようなことが出来ず、品質管理部門が非常に大事になってきています。

例えば、商品を企画している責任者に対して、商品の角を丸くし、手に取ったときに危なくないようにすることを指摘したり、もしもの時を考え、デメリット表示を作り、消費者が目につくようなパッケージやペラチラシを同梱したり、商品を生産するときの流れの中で、品質改善が出来ないかを考え、盛り込むようにアドバイスしたりといったところでしょうか。また商品によって商品の表示方法(服なら洗濯タグ、素材名、生産地など)が違ってくるため、目を光らせています。

また家電製品なら、電気用品安全法(電安法)や、認証試験が必要になるので、法律関係も理解が必要になります。(こちらは日々、勉強中です)

品質は当たり前

過去、品質問題(賞味期限偽装や、商品のリコール、誇大広告など)で企業が倒産に追い込まれる例は数えきれないほどあります。企業(社員)を路頭に迷わさないために自分たちは正々堂々、正直に品質に向き合っていきます。石垣は一つ崩れたら、取り返しのつかないことになります。

一つづつ確実に積み上げ、一緒に自分の知識も増やしていければと考えています。

今後はリコール問題なども取り上げられればと思っています。今も意外と多く、皆さんのご使用の商品も対象商品となっているかもしれませんよ…

コメント

  1. Jonah Rathmann より:

    Hello there! This blog post couldn’t be written any better! Going through this post reminds me of my previous roommate! He always kept preaching about this. I will send this information to him. Fairly certain he’ll have a great read. Many thanks for sharing!

タイトルとURLをコピーしました